池添騎手といえば、デュランダル、スイープトウショウ、オルフェーブルなど、後ろから豪快に競馬するイメージもありますが、2017年はわりと前目の馬で目立っています。

皐月賞にはオープン連勝中のアダムバローズ。

そしてここにきて面白そうな馬が出てきました。

 

母カワキタラブポップから生まれたディープインパクト産のカワキタエンカ。

ゲートの出が早いこともあり、ぽんとハナに。

牝馬は今年はかなり層が厚いうえに、桜花賞が適鞍ですが、まあ間に合いません。

ニュージーランドトロフィーあたりでNHKマイルカップを狙うことになるのかもしれませんが、この馬、意外と強い気がします。

www.youtube.com