将来、自分の子供が出来たときに、

 

「お父さんって、どんな仕事をしているの?」

「何でそれをやっているの?」

 

って聞かれたら、何て答えるだろう。

 

自分は自分の親に聞いただろうか?

聞いた記憶はないけど、

聞くまでもなく、見ていてわかる、感じ取れる。

親がなぜその仕事をやっているのかも、

その仕事が好きでたまらない、ということも。

 

いわゆる親父の背中、というやつか。

 

 

「お父さんって、どんな仕事をしているの?」

「何でそれをやっているの?」

 

 

今の自分には、すがすがしく答えられる回答は、はっきり言って、ない。

 

何のために生きるのか、

どんなことを成したいのか、

どの山を登るのか、

自分の人生を、命を、何に賭けたいのか、

志は何だ、

 

果たして世の中の何パーセントの人がこの問いに真正面から答えられるのかわからないけれど、

自分はちゃんと向き合って、答えられる自分になりたいと思う。

 

そう簡単に答えは出ないかもしれない。

それでも、時間をかけて見出す。

それに値する、本当に重要なことだと思うから。

 

残り64日。