f:id:pvmania:20170825140724j:plain

私はもともとダイソンのサイクロン掃除機が欲しかったのですが、その値段のために購入をずっと躊躇していました。

国内メーカーのサイクロン掃除機も検討していたのですが、国外使用向けのフィリップス、サイクロン掃除機FC5833を購入する事にしました。

 

具体的にいうと中国内での販売されているものです。

仕事の出張で中国アジアに行くことが多く、友人を通じて購入しました。値段は日本円でや10,000円~12,000円といったところです。


まず気に入っている部分ですが、やはりその吸引力です。

パワーは最大1400ワットで家庭で使う分には十分の吸引力です。パワー出力はダイヤルによって自由に調整する事ができます。

f:id:pvmania:20170825140818j:plain

私の家の床は大部分がタイルなので、ホコリやゴミは簡単にとれやすく、出力は常に中間くらいに設定しています。

 

二つ目に気に入っている部分は、使い方がとてもシンプルな事です。

日本国内の家電製品や高機能に伴って、操作性が悪くなっていく傾向が感じられます。

ですが、このフィリップスのサイクロン掃除機の機能はスイッチのオンオフしかありません。

f:id:pvmania:20170825140852j:plain

ゴミをきちんと吸い取ってくれればいいので、私にとっては十分です。

 

三つ目に気に入っているのは、溜まったゴミの処分の手軽さです。掃除機用のパックが不要で、ワンタッチでゴミを捨てられますし丸ごと水洗いが可能です。

とてもコスパが高い掃除機ではないかと思います。


次に改善してほしいなと思う部分ですが、電圧です。

 

差し込みプラグは日本と同じ形状なのですが対応電圧が220ボルトで日本のコンセントでは使えません。

f:id:pvmania:20170825140926j:plain

私の家は海外で買った家電を使う事が多いため、家で使う分には困る事はありませんが、日本の一般家庭で使うには不便です。

220ボルトのコンセントを増設するか、変圧器を別途で購入するなど対応する必要がありませす。

それで、将来的に是非日本国内仕様のものを発売してほしいと思っています。

 

改善してほしい点の二つ目ですが、全体的な作りの甘さです。

 

例えば、ゴミが収集される部分の蓋のところは、プラスティックの簡単が引っ掛けのみになっていて、掃除機を立てて保管する時など簡単に外れてしまいます。

中国向けなのでこうなのかもしれませんが、日本人なら使っていてすこし安っぽさが感じられる所があります。

さらに、持ち手の所にオンオフのスイッチがなく、本体の所でスイッチを切り替えなければならないのも少し不便に感じます。

f:id:pvmania:20170825141013j:plain


ですが、全体的に見てフィリップスのFC5833は、リーズナブルな値段でサイクロン掃除機のパワーを十分に感じられ、無駄な機能を省いた使いやすいおすすめできるサイクロン掃除機です。